かつてない挑戦

ヨーロッパでの調査(ACARE)Strategy Research Agenda によれば、航空機の燃料は 2020 年までに 50% 削減され、二酸化炭素排出量は 50% 減り、一酸化窒素の排出量は 80% 減ります。

GF-Machining-Solutions-aircraft

世界中で運用中の商用航空機数の増大

GF Machining Solutions Evolution of number of commercial aircraft

航空宇宙産業の OEM およびそのバリューチェーンは、世界の旅行需要の増大と国際的な排出ガス削減目標に対応するための正しい道筋を進むという壮大な課題に直面しています。

市場規模が 5 兆米ドルに迫る世界の民間航空産業は、グローバリゼーションの高まりに後押しされた旅行需要の急増、国内総生産の増大、航空輸送の自由化、そして旅行価格の低下により、今後の数十年間でこれまでにない成長に適応する態勢にあります。現在から 2031 年までに世界の航空旅客は倍増すると予想されています。

 

燃料の効率化

同時に、航空宇宙産業は今後 20 年で燃料効率を飛躍的に高め、航空機の重量を削減するという大きな目標を達成することを公に宣言しています。Advisory Council for Aeronautics Research in Europe(ACARE;欧州航空宇宙研究審議委員会)の戦略研究アジェンダで、航空機は 2020 年までに燃料を 50% 削減し、二酸化炭素排出量を 50% 減らし、一酸化窒素(Nox)を 80% 低減し、知覚できる騒音レベルを現在の半分に下げることが発表されました。フライトパス2050と国際航空運航協会(IATA)はさらに高い目標を設定しています。この結果、航空宇宙産業のバリューチェーンは、今後 2 年で生産が 45% 増えるため、キャパシティの制限というシナリオに直面します。新型航空機モデルの洗練された設計を考慮すると、こうした増加は一部の顧客で 70% 以上になる可能性があります。

こうした課題に対応するうえで不可欠なのが、航空宇宙コンポーネント、およびそれらが満たす要求がますます複雑になってくるときに、製造工程において継続的に高い品質、完全性、正確性を評価、維持する業界機能です。

1. ボーイング社の現在の市場展望 2012 年~2031 年
2. エアバス社のグローバル市場予測 2012 年~2031 年
3. ボーイング社の現在の市場展望 2012 年~2031 年
4. エアバス社のグローバル市場予測 2012 年~2031 年

製品&ソリューション